私たちの考える自然食とは

実りの秋を迎え、黄金色となった田んぼ・・・ その空を群れをなして飛ぶ赤とんぼ。
日本人が心に描く秋の風景です。 赤とんぼ(アキアカネ)は日本にしかいない固有種です。
梅雨時の夕方、赤とんぼの幼虫(ヤゴ)がひっそりと羽化します。暑さが苦手で、田んぼから旅立ち夏を山で過ごします。
秋になり稲刈りが始まるころ、集団で山から下りてきます。刈り取りを終えた田んぼの水たまりにオスとメスがペアになって卵を産み付けます。
翌年の春、水をはった田んぼに卵から孵化したヤゴがミジンコなどを食べ成長していきます。ミジンコも卵で冬を越します。
湿地や池で命を繋いでいた赤とんぼが、日本での稲作が広がると共にどんどんその数を増やしてきました。赤とんぼは日本人の暮らしと共に増えてきたのです。
地球の偶然が私たちの暮らしを支え、私たちの暮らしが、他の生き物の暮らしを支えてきたともいえます。
数えきれない幸運が重なって日本の自然生態系(ecosystem)が生まれてきました。
私たちはこの奇跡の大自然に育てられ、今もその中で暮らしていると思っています。
今、赤とんぼの激減やミツバチの大量死が問題となってきています。
私たちは少しでも故郷の自然生態系を守り、持続させて行きたいと願っています。
その願いの中で育てられた安全な作物を多くの消費者に食べて頂き、本物の作物の美味しさを次の世代に繋げて行きたいと思っております。
私たちのいう「自然食」とはその願いの元で育てられた作物やその加工品等を称しております。

ごあいさつ

 戦後、化学肥料と農薬(化学合成物質)による大量生産化が主流となり、有機栽培を行う生産者は各地で孤立していく状況が続いてきました。
 昨今、食の安全と共に赤とんぼやミツバチの激減等の自然環境が失われていく事への危惧が相まって、有機農業を支援する声が高まっています。
 しかし現状は、農薬や化学肥料を使わない虫や鳥の生息が可能な田畑は全国で0.4%に満たない状況が長年続いており、現存する流通体制の中では、有機農産物の価値感を伝える事は難しく、関心を示す消費者に対しても、身近に有機作物やその加工品を感じて頂ける場が非常に限られている状況です。
 弊社は、農水省により平成18年に定められた「有機農業推進法」を今一度よりどころとして、我々有機生産者が中心となって互いに協力し、消費者への的確な情報提供と、
安定的でタイムリーな有機作物やその加工商品等の提供を行える体制を構築していく事を願いに設立致しました。
 食の安全とふるさとの環境保全を願う生産者が、安心して有機栽培を続けることができ、生産の拡大を計り本物の農業と、作物本来の美味しさを次の世代に継承していく為に、参加を希望する全国の生産者と連携し、支えていただける消費者・団体・企業の方々の協力を仰ぎながら進めて参りたいと思っております。

自然食ねっと株式会社 
会長 石綿敏久
会社概要

名称   自然食ねっと株式会社

代表取締役  森 昭治

設立   2014年3月4日

所在地  〒039-4401 青森県むつ市大畑町新町65番地2

TEL    0175-31-0120

FAX   0175-34-3325

URL   https://sn21.jp

e-mail  otoiawase@sn21.jp

主たる業務

農林水産物の加工及び通信販売事業、農林水産業の支援及び人材育成事業、農林水産業に関するイベント企画・運営事業、自然食ねっと管理運営

設立経緯

食の安全とふるさとの環境保全を願う生産者が中心となり、全国の有機農産物の安定出荷体制を構築し、加工品を含む安全な食を消費者へお届けする生産者主体の新たなネットワークを目指して設立致しました。